ロスミンローヤルに副作用はあるの?知っておきたい服用の注意点

ロスミンローヤル口コミ

 

ロスミンローヤルは、シミだけではなくシワまで効果があると認められているので、女性にとって夢のような医薬品です。

 

お肌の悩みを何とか改善したいと思っている女性には、興味津々で「使ってみたい!」期待感があふれるでしょう。

 

しかし、効果がある医薬品だけに気になってしまうのが副作用ですね?

 

服用したときに副作用があるのか、服用の注意点はどうしたら良いのか、気になるのが当然です。

 

これから服用を始める方に、知っておけば安心できて役立つ情報をまとめています。

 

ロスミンローヤルの副作用は極めて低いものの注意点はある

 

  • 第3類医薬品なので副作用のリスクは少ない!

 

  • 医薬品なので服用の注意を守る必要がある!

 

  • 医師による治療を受けている人やアレルギーのある人は注意を喚起!

 

  • 低リスクでも副作用と考えられる症状は?

 

第3類医薬品なので副作用は極めて少ない

ロスミンローヤルは、シミだけではなくシワにも効果があると認められた日本で唯一の医薬品です。

 

医薬品は以下の3つに分類されているのですが、ロスミンローヤルは第3類医薬品に該当しているので、極めて副作用のリスクが少ないことが分かります。

 

念のため、医薬品の3つの分類と副作用のリスクを比較してみましょう。

 

第1類医薬品

薬剤師による販売が必要。副作用のリスクが高い。

 

第2類医薬品

薬剤師ではなくても販売可能ですが、対面販売が必要。

 

第1類医薬品より副作用のリスクは低い。

 

第3類医薬品

薬剤師ではなくても販売可能でありネットでも販売可能。

 

副作用のリスクは極めて少ないと判断されている。

 

正しい用法・用量を守ることを前提に服用!

ロスミンローヤルは、副作用のリスクが低い医薬品ですが、だからといって正しい用法・用量を守らないで服用をしてしまうと副作用が起こるリスクを上げる可能性が出てしまうので注意が必要です。

 

正しい服用方法を守るためにも、説明書には充分目を通して服用中はいつでも見直せるように保管をしておきましょう。

 

  • 食後30分以内の服用
  • 1回に3錠を服用

 

空腹時・食前に服用

空腹時・食前に、思い出したからといって服用しても良いわけではありません。

 

サプリメントには、いつでも摂取が可能なものはたくさんありますが、医薬品ですから正しい時間帯に飲む必要があると定められています。

 

胃に何もないときに飲んでしまうと、胃を痛めてしまう可能性があるからです。同じように体調不良で食事が摂れないときは、飲まないようにするのが賢明です。

 

または、牛乳を飲むと胃の粘膜を保護するので胃を守ることができますよ。

 

飲み忘れた分と合わせて6錠服用

ロスミンローヤルは、1日3回で1回に3錠の服用が定められています。

 

「うっかり飲み忘れた」「気づいた時にもまとめて飲んだら効果が出るだろう」と思ってまとめて2回分6錠を飲むとどうでしょうか?

 

いくら副作用のリスクが低い医薬品でも、過剰に体内へ入れば胃腸にダメージやそれ以外の症状が出る可能性もあります。

 

飲み忘れに気がついてもその分は、飲まずに正しい用量で飲むようにするようにしましょう。

 

服用前に注意が必要な方

ロスミンローヤルは、副作用のリスクが極力低いと言われていますが、やはり医薬品ですので場合によっては注意が必要な方もいます。

 

  • 医師による治療を受けている人
  • 薬などでアレルギー症状を起こしたことがある人

 

このいずれかに当てはまる方は、あらかじめロスミンローヤルの服用について医師や薬剤師へ相談をしておくようにして下さい。

 

薬の作用機序に変化がある可能性も

投薬治療をしている場合、飲み合わせで持病の治療薬の効果が増強、あるいは、減弱してしまうことがあります。

 

本来の持病のコントロールができなくなることにもなり兼ねません。併用してしまうことで、副作用が起こる可能性もあり得ます。

 

また、通院治療をしていない場合でも、肝機能や腎機能が低下している場合には、薬の分解の機能が正常に行われない可能性も出て来るので、思い当たる方も注意をしておくほうが無難でしょう。

 

アレルギーを引き起こす可能性も

アレルギー体質の場合には、薬や食品、特定の成分でアレルギーを起こす可能性もあります。

 

説明文を提示するのがおすすめ

上記2つのいずれかの注意をしなければならない方は、医師や薬剤師へ相談をするときに、ロスミンローヤルと伝えても知らないことも多いでしょう。

 

そのときに、役立つのがロスミンローヤルの成分表も掲載されている説明文を持参するとより分かりやすくなります。

 

説明文がない場合は、公式サイトの商品基本情報に掲載されているので安心ですよ。

 

公式サイトは質問・相談も受け付けているので安心!

ロスミンローヤルの公式サイトでは、お客様からの疑問や不安に応じてくれるシステムを整えているので疑問があっても安心です。

 

せっかく、シミやシワの改善を目指して飲み始めたのに、不安があれば継続ができなくなりますね。

 

「アレルギーがあるので成分を知りたい」「生薬の作用を知りたい」など、やはり医薬品ですので気になる点や確認をしたい点もあるでしょう。

 

公式サイトのお問合せフォーム

公式サイトの「お問合せフォーム」から問合せをすることができるので、ぜひ、活用しましょう。

 

電話では伝えておきたい内容に漏れや行き違いもありえますが、文章で伝えられるのでスタッフにもしっかりと意思疎通ができるようになります。

 

電話で問い合わせ

電話での相談にも専門スタッフが応じてくれるので、遠慮なく問い合わせてみましょう。

 

今すぐにでも、専門スタッフに聞きたいときには電話が安心ですね。

 

受付時間 9:00〜17:00 (土日祝除く)
フリーダイヤル 0120−50−1068 (固定電話・PHS)
ナビダイヤル 0570−550−168  (携帯電話)

 

副作用と考えられる症状は?

しかし、ロスミンローヤルを服用中に、もしもいつもと違う症状が現れたら副作用の可能性も低いにしても完全に無いわけではありません。

 

どんな症状があるのか調査をしてみました。

 

服用のルールを守っていなかったり、アレルギーがあったり、投薬治療を受けていたりすれば、リスクが増えることもあるのでこうした副作用の症状を知っておく必要もありますね。

 

皮膚

発疹

薬疹とも言われますが、服用してすぐに出る方、3日程度経過して出る方がいます。

 

かゆみ

服用により皮膚の免疫機能が過剰に反応して起こる場合があります。

 

消化器

吐き気、食欲不振、胃部不快感

 

一般的に鎮痛薬、ステロイド剤、抗生物質の服用で消化器に症状が起こりやすくなります。

 

ロスミンローヤルは、まれにですが胃の状態や服用のタイミングでこのような副作用が起こることがあります。

 

便秘や下痢

内服薬は、腸で吸収されるので場合に寄って体質に合わないため、まれにですが便秘・下痢の症状が現れることもあります。

 

生理周期

こちらもまれにですが、生理周期の乱れが起こる場合もあります。周期が早くなる、経血量が多くなることもあります。

 

このような症状が起きた場合には、服用を中止してください。

 

ロスミンローヤルの説明文にも、これらの症状についても明記されているので服用をする前に良く目を通してみましょう。

 

症状が起こった場合には、服用を中止して医師・薬剤師・販売登録者への相談を行いましょう。

 

ただし、重症化するものではなくほとんどの場合には、中止をすることで症状は無くなるものです。

 

尿が黄色になるのは副作用ではない

服用していたら尿が黄色になってしまうことがあります。

 

これは医薬品に含まれるビタミンB2の吸収により、尿にその一部が排泄されるためですので、何も問題はありません。

 

目に見える変化であり、もしかすると副作用では?と感じる方も多いでしょうが、安心してください。

 

まとめ

これから、ロスミンローヤルを始めてみたいと思ったときに、不安をなくして服用するためには、ぜひ知っておいて欲しいことばかりです。

 

副作用については、第3類医薬品ですので極めてリスクは低いものの、体調や体質により副作用が起こる可能性もあるので、もしも症状が出たときも把握しておけば対処しやすくなりますね。

 

ただし、正しい用法・用量を守って服用するようにしましょう。注意すべき点がある方は、より慎重に服用を検討する必要があることも把握しておきましょう。

 

>>ロスミンローヤル【1ヶ月1900円でお試し】公式サイト<<

 

 

ロスミンローヤルの参考記事